ポテンシャルを目覚めさせるLINNのテクノロジー

  

   ケーブルの使命はコンポーネントを接続し

  音楽信号を伝送すること。


   そのあくまでパッシブな機能のケーブルが

  システムのトータルパフォーマンスさえ支配してしまう。


   そんなパラドックスをオーディオファイルなら

  何度も体験していらっしゃることでしょう。


   基本原理に基づき高音質を追求する

  LINNのフィロソフィーが創り出したオーディオ専用ケーブル。


   淀みない血流が健康の源であるように、

  LINNのケーブルは装置のポテンシャルを抽出し、

  システムをブラッシュアップします。


MONSTER CABLE
”構造至上主義”というコンセプト。
開発当時は、オーディオケーブルといえば機器に同梱されてくる貧弱なもので、それが何の疑問もなく使用されていました。そこで、ミュージシャン兼エンジニアであるノウハウを活かし、手元にあった電線を利用してスピーカーケーブルを自作したのが私のケーブル作りの始まりです。そして芯線の撚り方や胴体の長さを買えることで音質が良くなることを発見し、重要度で構造に勝る点は無いとの考えのもと開発を行ってきました。その品質は各界で評価され、パット・メセニー、ジョージ・ベンソン、リー・リトナーなど数多くのプロミュージシャンに愛用され、また、「ジュラシック・パーク」「インディージョーンズ」など数多くの映画の録音にも使用されています。また、マイケル・ジャクソンの「バッド」の名録音を手がけるブルース・スウェディンなど世界的なエンジニアから絶大な支持と信頼を得ているモンスターケーブル。その実力をぜひ日本の皆様もお確かめください。

モンスターケーブル社
代表取締役社長 ノエル・リー 談